内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成20年会議結果 >  与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

与謝野大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第25回会議(平成20年11月20日)

与謝野大臣

(1) 社会保障・税財政一体改革について

(2) 平成21年度予算編成の基本方針(事項案)について

 与謝野馨です。本日、今年25回目の経済財政諮問会議が開催されました。

 冒頭に、麻生総理から、先般のG20金融世界経済サミットの成果等について、また平成21年度機構定員査定及び予算編成に関する総理指示について、御説明がありました。

 本題に入りまして、第1の議題として、「中期プログラム」の位置づけと社会保障について議論をし、次のように取りまとめました。

 第1に、「中期プログラム」の位置づけと基本的考え方については、民間議員ペーパーで大筋の合意がなされました。

 第2に、社会保障については、安定財源確保の対象として、優先すべき項目を特定するための考え方や、それぞれの項目についての必要費用の目安、第2に安心強化を図っていく上で、大枠となる3つの原則などについての意見交換が行われまして、この3つの原則に従って、今後、税制の抜本改革や歳出規律のあり方の議論ともあわせて、検討を深めていくことで合意がなされました。

 出されました意見を若干御紹介いたします。

  • 第1番目は、現世代の安心強化と将来への負担先送り対応のバランスが大事であると。機能強化も必要だが効率化も必要だ。効率化、高齢化、機能強化の中身を明確に示していく必要がある。
  • 第2の意見は、3原則は大賛成である。これをベースに前進すべきである。ただ、中福祉の国民的な理解はまだ不十分である。これが理解されるように、具体的に説明を進めるべきだと。また、海外とも比較を示して、中福祉の妥当性を示すべきだ。また、「骨太2006」に沿って財政規律を維持することが大前提である。
  • 次の意見は、財政再建は、歳出削減、負担増、成長の3拍子が必要であって、かなりの長期戦である。国民理解を得るには、中福祉のほころびを縫い合わせるのが理解されやすい。
  • 次の意見は、鳩山議員からですが、地方独自でやっている事業の経費も、社会保障経費に入れて考えるべきだ。
  • それから、舛添臨時議員から、レセプトの電子化やジェネリックなど、効率化の効果の定量化は難しい。

といったお話がありました。

 私からは、舛添臨時議員のご意見に対し、やっぱり効率化は大事な目標である旨、それから、鳩山議員に対しては、地方も税制改正にぜひ御協力をしていただきたい、国民が税制改正に理解を深めるために、ぜひ総務大臣御自身の使命として、貢献していただきたいということを申しました。

 次に、「予算編成の基本方針」については、本日は事項案について議論し、次回、基本方針の原案を提示する予定です。これに関しましては、

  • 第1の意見は、内需拡大のためには攻めの対応が大事である。特に、環境エネルギー分野が重要である。省エネ商品の普及を促すためのインセンティブが必要である。低炭素自動車、住宅、家電などへのインセンティブを考える必要がある。
  • 別の意見は、各国とも自動安定化効果と裁量政策の組み合わせである。いずれにしても、財政のクレディビリティがある中で、裁量政策をやるということは大事であって、10年を展望して、成長と財政の両立を整理することが必要である。

 最後に、「中期プログラム」の議論の今後の進め方について説明します。

 次回は、税制抜本改革について議論をする予定です。

 「中期プログラム」につきましては、第1に社会保障における安心強化、第2に税制の抜本改革、第3に歳出規律の議論、この3つを統合いたしまして、具体的な道筋を示していくことが重要であると思います。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)