内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成19年会議結果 >  大田大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

大田大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第21回会議(平成19年8月9日)

大田大臣

(1) 平成20年度概算要求基準について

 大田弘子です。本日、今年第21回目の経済財政諮問会議が開催され、平成20年度概算要求基準について審議し、諮問会議として了承しました。

 まず、尾身議員から概算要求基準について説明があり、次いで菅議員から、地方も歳出削減をやっているが、国の施策と密接な関係にある。国の予算不足分を地方が負担せざるを得ないようなものもある。したがって、そういうことに対して適切な措置をしてほしいと発言がありました。

 民間議員からは、以下のような発言がありました。

  • 安倍内閣のカラーが国民にはっきりわかる色として打ち出されるような予算にしてほしい。経済活性化と財政再建を両立させるには、思い切ったメリハリをつける以外に道はない。特別枠はもちろんのこと、それ以外の歳出でもメリハリが明確に打ち出されるよう政府全体で取り組んでほしい。
  • メリハリを生かすために、昨年よりも増額された特別枠が設けられたことを評価したい。問題はこの特別枠の中身。予算を要求する省庁の側も費用対効果を厳密に検証して、政策の効果が出る予算にしてほしい。
  • 費用対効果といったときに、費用は予算として見えるが、効果が広く薄く国民に共有されるもの、あるいは多年度にわたる場合は、なかなかその効果は見えにくい。しかし、その効果が多数年にわたり広く薄く効果があるグローバル化は非常に重要。こういうものについても費用対効果をしっかりと出して、予算をとっていくべきであり、政策をやっていくべき。
  • 歳出圧力が高まる中、財政規律をしっかりと守る概算要求基準が出されたことを高く評価したい。予算編成の5原則を「進路と戦略」、「基本方針2007」でも掲げているが、これがしっかり守られているということは重要。これは今後も守っていかなくてはならない。特に5原則の5番目は、国民への説明責任を徹底するというもの。歳出改革の中身がよく理解されていない面もあるので、国民にわかりやすく見えるように、各省とも努力して、この5原則をしっかりと守ってほしい。

 総理からは、以下の発言がありました。

  • 概算要求基準とりまとめへの協力に感謝したい。
  • 今度は予算要求を行う各省庁がメリハリのある概算要求をしていただく番となる。
  • 政府全体としてメリハリのある予算になるようにしたい。

 この概算要求基準については、明日の閣議で了解される予定です。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)