内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成19年会議結果 >  大田大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

大田大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第18回会議(平成19年6月19日)

大田大臣

(1) 「基本方針2007」について

 大田弘子です。本日、今年第18回目の経済財政諮問会議が開催され、「基本方針2007」について、総理から諮問をいただき、資料配布されているとおりに諮問会議の答申としました。

 また、「基本方針2007」の新たな正式名称を総理にお決めいただくことになっていましたが、名称は「経済財政改革の基本方針2007」、副題は~「美しい国」へのシナリオ~ということになりました。今日の総理からの諮問・答申は、この新しい名称で行われています。

 更に、「基本方針2007」には含まれませんが、歳出・歳入一体改革に関連して、昨年の「基本方針2006」別紙の主要な分野における制度改革がどれぐらい進んでいるのか、今回の「基本方針2007」に取りまとめられているのはどういうものかを、内閣府がとりまとめた資料を事務方から説明しました。

 今日の審議での発言は1点だけで、尾身議員から国有財産の有効活用に関する報告書について発言がありました。

 総理からの今日の発言については、プレスの方も入っておられましたので省略させていただきます。

(以 上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)