内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム >  内閣府の政策 >  経済財政政策 >  経済財政諮問会議 >  経済財政諮問会議(平成13年~平成21年) >  諮問会議情報 >  平成17年会議結果 >  竹中大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

竹中大臣 経済財政諮問会議後記者会見要旨

第21回会議(平成17年10月13日)

竹中大臣

(1) 政策金融改革について

(2) 歳出・歳入一体改革について

竹中平蔵です。本日、今年第21回目の経済財政諮問会議が開催されました。今回は、まず村上行政改革担当大臣においで頂き、政策金融改革について議論し、その後、歳出・歳入一体改革について議論を行いました。

政策金融改革については、11月を目途に基本方針をとりまとめるということで、キックオフの議論を行いました。
民間議員から、以下のような内容のペーパーが出されました。

  • 「実現すべき姿」として、政策金融は民の補完に徹する。3年前の諮問会議のとりまとめの中で示された公益性、リスク評価の基準に加え、本当に補助金や税制などの別の手段ではだめなのかという優越性の観点もある。
  • 官の既得権益を許さない。
  • 3年前のとりまとめで掲げた融資残高の対名目GDP比半減という目標に加え、他の構造改革との整合性を確保すべき。
  • ヒアリングでは、各政策金融機関の融資項目を、公益性、優越性、リスク評価等の基準に照らしてしっかり峻別する。また、ヒアリングは公開で行う。

ヒアリングについては、民間議員4名の他に、外部有識者として、跡田慶大教授、翁日本総研主席研究員、宮脇北大教授に参加していただくほか、関係大臣も必要に応じ参加するとしています。ヒアリング対象は、8つの政策金融機関、ユーザー、民間金融機関です。
また、民間議員のペーパーで、ヒアリング後に検討すべき項目として、

  • 政策金融として残すもの、残さないものを峻別する。
  • 残すもの、残さないものについて、それぞれ実現すべき姿に即した実施体制をどうするか議論する。
  • 改革を終了させるまでの具体的なスケジュールを明示する。

といったことが示され、このような方向でやっていこうということになりました。
関連して、以下のような議論がありました。

  • 様々な非常事態への備えも考えることが必要ではないか。
  • 何が政策金融として必要なのか、しっかりとヒアリングして、厳選して欲しい。
  • ヒアリングにあたっては、ユーザーを幅広く取り入れて、生の声を聞いて欲しい。
  • 組織のガバナンスを確保できるよう、個別具体的な方向付けを行って欲しい。
  • 民でできることとできないことの切り分けを継続的にチェックできるような仕組みも考えるべきではないか。
  • 民間に出来ることは民間にやってもらうとして、同時に政府が直接やるべきものも中にはあるのではないか。従って、政策金融として残る機能もあるだろうし、むしろ政府が引き取るものも、民間で行うものもあるだろう。さらに、政策金融でやるにしても、直接融資というよりは保証業務で行うといった機能の問題もあるであろう。

また、技術的な話ですが、政策金融機関が民間の融資を誘発して引っ張っていくという、いわゆる「カウベル効果」について、概念の整理や、今でもそのような効果があるかどうかについて、民間議員に少し報告していただくことになりました。

次に、歳出・歳入一体改革について、民間議員から、これまでの海外での様々な財政再建の事例や、さらにそれを分析した海外での研究等に基づいて、以下のような4つの経験則について報告がありました。

  • EU諸国で財政健全化を行った際、健全化の後に経済成長率が高まった場合と低くなった場合があるが、高まった場合について見ると、安易な増税に頼らず、歳出削減をしっかりと行っている。このように、歳出削減なくして増税なし、という経験則がある。
  • 裁量的な支出だけではなく、人件費や社会保障等の制度改革に踏み込んだ歳出削減を行わないとなかなかうまくいっていない。制度改革に伴う歳出削減が必要、という経験則がある。
  • 政府の財政健全化の取組の真剣さが国民や市場から信頼されることが重要である、すなわち国民からの信頼が必要という経験則がある。
  • 財政収支を改善するには、何と言ってもデフレを克服しなければばらない。日本でこれまで財政が悪化した1つの大きな理由は、物価が下がったことによる自然減収である。そのような状況では財政再建はできない。デフレ克服をしっかりと伴った財政健全化でなければならない、という経験則。

これらは2010年代初頭のプライマリーバランス黒字化を達成するための4つの基本方針になり得るものであり、今後、これらの経験則をしっかりと踏まえて議論していくことになります。来年の中頃に歳出・歳入一体改革についての選択肢を国民の皆様にお示しできるよう、今後議論して行きたいと思います。

総理から、以下のような発言がありました。

  • 政策金融改革、歳出・歳入一体改革、最後の1年、最後の仕上げという重要なものなので、よろしくお願いしたい。
  • もうすぐ最後の予算編成がある。歳出削減が重要であり、そうした観点からしっかり取り組んで欲しい。
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号03-5253-2111(大代表)