内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム 内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政諮問会議  >  専門調査会情報等  >  経済・財政一体改革推進委員会  >  経済・財政一体改革に係る先進・優良事例選定プロジェクト

経済・財政一体改革に係る先進・優良事例選定プロジェクト

経済・財政一体改革に係る先進・優良事例選定プロジェクトの公募について

 現在、政府では、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(平成27 年6月閣議決定)を策定し、2020 年度の財政健全化目標の実現を目指し、国・地方を通じ た経済と財政の一体的な改革に着手しているところです。昨年末には、経済・財政一体改革の改革工程を具体化した「経済・財政再生アクション・プログラ ム」(平成27 年12 月24 日経済財政諮問会議決定)(文書編/PDF形式:523KB)別ウインドウで開きます(工程表編/PDF形式:1,372KB)別ウインドウで開きますを取りまとめ、計画の1年目となる今年度から様々な改革を実行していくこととしています。

 今後、国・地方を通じて、現場からの改革を進めていくためには、基礎自治体レベルでの先進的・優良な事例の共有、展開が重要と考えています。今般、 地域の先進・優良事例の選定プロジェクトを開始することといたしました。各地方公共団体からの応募に加えて、一般の方からの推薦(他薦)も公募するこ とといたしましたので、御案内申し上げます。

 (1)概 要
  先進・優良事例の選定プロジェクトの選定作業に先立ち、先進・優良事例候補の公募を行います。地域における経済・財政一体改革に係る先進・優良 事例の取組について、ぜひ御紹介ください。
  ここでは、
  ・先進事例とは、社会保障、社会資本整備、地方行財政等分野での行政上の課題に対して、従前とは異なった、新たな手法の導入や大幅な見直しなどによ って改善、解決を図る基礎自治体レベルでの取組例
  ・優良事例とは、行政上の課題に対して、一定の改善、解決が図られていることが客観的指標や住民の満足度等で測定できる程度まで成果があがってい る基礎自治体レベルでの取組例
  ・先進・優良事例とは、上二記の両方にあたる取組例
  のこととしています。
  詳細については、「先進・優良事例選定プロジェクトについて」(PDF形式:621KB)別ウインドウで開きますを御参照ください。
  応募があった候補について、当該団体の承諾を得た上で、内部検討の上で現場でのヒアリング調査を行わせていただき、経済・財政一体改革推進委員会の 委員による講評等を経て、先進・優良事例として選定し、応募者及び当該団体へ結果を御連絡した後に公表(経済財政諮問会議等での取上げ、内閣府HPに 掲載、政府広報での紹介等)することを予定しています(選定された取組への表彰等につき調整中)。
  応募者の氏名、団体等も公表することを予定しています。匿名を希望される場合は調整させていただきます。

 (2)応募方法
  応募フォームに必要事項を御記入いただき、御提出ください。
  御記入の際には、回答例(PDF形式:64KB)別ウインドウで開きますを御参照ください。

 (3)応募期限
  平成28 年5月10 日(火)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)