内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  浜野内閣府事務次官記者会見要旨  >  浜野内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年7月23日

浜野内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年7月23日

(平成21年7月23日(木)
14:01~14:08
 於:内閣府本府1階118号室

1.発言要旨

大雨の被害状況とその対策ですが、これまでに山口県防府市の特別養護老人ホーム等におきまして、主に土砂災害によりまして死者8名、行方不明9名のほか、負傷者、住宅等の損壊や浸水被害が発生しております。今回の土砂災害により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げ、御遺族にはお悔やみを申し上げるとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
政府といたしましては、昨日、林防災担当大臣を団長とする政府調査団を派遣いたしまして、災害現場の調査を行いました。調査団の報告を受けて、総理からは、復旧復興対策に万全を期すようにという御指示をいただいたところでございます。
その後、昨夜、関係省庁連絡会議を開催しまして、政府調査団の調査報告及び各省庁の対応状況について情報共有を行うとともに、今後の対策に万全を期することを確認いたしました。
引き続き行方不明となっている方の捜索、救助に全力を上げるとともに、地元自治体とも連携して応急対策及び災害復旧に向けて政府一丸となって対応してまいりたいと考えております。
私からは以上です。

2.質疑応答

(問)21日に衆議院が解散されまして、経済対策に政治空白ができるのではないかと、その懸念がされているところでございますが、どう対処されていかれるかというお考えを伺いたいのと、もう一つ、先週の諮問会議で新設が了承されました若年層の雇用対策のプロジェクトチームだったと思うんですけれども、これの設置に向けた検討というのはどう進めていかれるかということについてお願いします。
(答)まず、先般、経済財政諮問会議を開催しまして、今後の経済財政運営について考え方を改めて整理し、確認をしたところでございます。既に政府としては4回にわたる対策、補正予算等をやってきておりまして、順次これを実施に移していくということでございます。特に諮問会議の最後に総理からも、林経済財政政策担当大臣を中心に政策の停滞がないようにしっかりと進めてほしいということでございましたので、関係省庁と連携をとりながら、何がどこまで進んでいるかということの整理も含めて、政策に停滞がないように進めていきたいと思っております。
その中で、特に雇用の問題につきまして、緊急雇用・経済対策実施本部の開催、あるいは今御指摘のございました若者についての雇用対策のプロジェクトチームもございましたので、それらは今経済財政部局を中心に準備を進めている段階でございます。
(問)防災関係は、一応とりあえず情報は共有されるということですが、今後の取り組みというか、具体的にどういったことをされるのか、現時点で決まったことがあれば。
(答)これは、昨日の夜の連絡会議で確認をしておりますけれども、まずは行方不明の方の捜査、救助ということに全力を上げるということであります。
それから、週末にかけてまた天候が悪くなるということが懸念されておりますので、林大臣からの御指示もありまして、地元の自治体とも連携をして、注意をしているというところでございます。
まずはそういうところでありまして、応急対策、それから災害復旧に向けて、これからいろいろなことを考えていくと思いますけれども、当面はまだ危機対応といいますか、そういう状況が続いているということでございます。
(問)今のお話の関連ですけれども、今現在救助活動を進めていらっしゃる最中で、ちょっと話が早過ぎるかもしれませんけれども、いわゆるゲリラ豪雨というものについての対策といいますか、備えについて、何か予測精度をさらに高めるですとか、あるいは物理的な防護壁ですとか、そういった物理的な備え、そういったものについて今後どうしていくかといったような検討というのを恐らく防災部局のほうでなさるのではないかと思いますけれども、その辺の方針について何かございましたら。
(答)今回は一時的に大量の土砂の流出がございまして、一度に同じところで非常に多くの方が亡くなったというケースでございます。こういうケースについての対応の仕方ということももちろんありますし、よく今回の事例を検討して対策を講じるようにしていくということだと思いますが、それは先ほども申しましたようにこれからの課題だと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)