内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  山本内閣府事務次官記者会見要旨  >  山本内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年4月30日

山本内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年4月30日

(平成21年4月30日(木)
13:59~14:03
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

明後日から連休ですので、予定とか公表物等については特にありません。
これは確認的なことですけども、全政府的なことなので、既に発表されていることでもありますが、今日、豚インフルエンザの警戒レベルがフェーズ4から5に引き上げられたということを踏まえて、今朝の7時には厚生労働大臣の記者会見が行われ、それから、8時には危機管理監中心の幹事会が開かれ、11時からは関係課長会議が開かれたところでございます。
内容は、これも確認的に申し上げますと、フェーズ4に引き上げられた段階で、いわゆる感染症法上の新型インフルエンザと位置づけられて、水際対策の強化ですとか、あるいは都道府県の保健所等での相談窓口の設置といったようなことが進められて、全都道府県でほぼ整備が完了したということであります。現時点で国内に患者が発生している状況ではないので、基本的にはこれまでどおり必要な対策を着実に実施をしていく。
それから、もちろん今後事態をよく注視しないといけないので、必要に応じて対策の充実強化を図っていくこととして、具体的には、国内で発生した場合に備えて、例えば発熱外来の設置の準備を進める。あるいはワクチン、この新型インフルエンザのウイルス株を入手してワクチンの製造に取り組むとか、国内で発生した場合には、新型インフルエンザ患者の全数把握を行える体制をとるとか、そういったような対策を必要に応じてとれるように準備していくといったような取り組みを進めていくということでございます。
私ども内閣府といたしましても、事態をよく注視しながら、政府の一員としてきっちりと対処していきたいと考えておるところでございます。
なお、食品安全委員会からも、27日ですから一昨日に、この豚インフルエンザに関して、豚肉、それから豚肉の加工品は安全と考えるという委員長見解が出されているところでございます。
以上です。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)