内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  山本内閣府事務次官記者会見要旨  >  山本内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年4月23日

山本内閣府事務次官記者会見要旨 平成21年4月23日

(平成21年4月23日(木)
14:00~14:04
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

今週の予定ですが、明日4月24日16時から、憲政記念館で「みどりの式典」第3回目を開催いたします。みどりの学術賞の授与式等を行います。天皇、皇后両陛下の御臨席をいただく予定となっております。
私のほうからは以上です。

2.質疑応答

(問)地域力再生機構法案改め企業再生支援法案の一括審議が始まりましたが、やはり三セクは対象から除かれる方向になりました。このことについての受け止めをお願いします。
(答)法案の修正ということで、今おっしゃいましたように、いわゆる三セクを対象から外すと。地域の中堅企業、中小企業、その他の事業者を対象にすると、こういうことになったところでございます。
これは、与野党の御協議の結果、こういう修正がされたということでございますが、一つの考え方というか、基本的には、第三セクターというのは、地方自治体の公的資金、租税が入ったもので、したがって、第三セクターが過大な債務を負って、行き詰まったというものについてどういう具合に再生をしたり、整理をするのかということについては、こういった再生、一般の中小企業とともに再生支援の手法を使うということも一つの手法でありましょうし、そのような自治体の意志が入っているという点にかんがみて、そういったものについての再生や整理については、地方議会といったところできっちりとした経営責任、統治責任、そういったものを住民の立場からきっちりやっていくということ、これも大事なことですから、一般の企業とはそういう面において違っている。したがって、そこについては違うツールを使うというのは、十分正当な理由があるものと思います。
したがって、それで後退したとかといったような受けとめを我々はしておりません。
以上です。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)