内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成20年6月19日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成20年6月19日(木)

(平成20年6月19日(木)
14:01~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、私の方から当面の予定でございますが、本日16時45分から第76回総合科学技術会議が開催されます。主な議題は、来年度の科学技術に関する予算の全体の姿と資源配分の方針についてが予定をされています。
それから、6月20日金曜日から21日土曜日まで上川大臣が福井県に出張しますが、金曜日には「オープン!子ども・家庭大臣室」として、子育て家庭との意見交換、それから現地での子育て関連施設の視察等が予定をされております。
また、岸田大臣が21日土曜日から23日月曜日まで沖縄を訪問しまして、沖縄振興施設の視察、それから月曜日の「平成20年沖縄全戦没者追悼式」に出席をいたします。
それから、経済財政諮問会議は来週月曜日開催をされる予定でございます。議題は、基本方針の原案、完成に近いものになると期待をしておりますが、これが議論される予定でございます。
それから、来週ですが、6月23日から29日まで、男女共同参画週間になります。今年は、「わかちあう 仕事も家庭も喜びも」を標語として活動を展開することになっております。
予定は以上です。
公表ものは、来週月曜日に、法人企業景気予測調査4-6月期が公表される予定でございます。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)先日、骨太の方針に関連して、先日の自民党の政調でかなり06の方針を維持することについての反対意見というのが多く聞かれたんですけれども、それに対しての受けとめと、月曜日の原案で自民党の声を受けて修正したりとか、そういった可能性もあるのかについてお願いいたします。
(答)いろいろな御意見が党との調整の過程で出されたわけでございまして、現在精力的に調整が進められていると考えております。その中でどういう部分が取り入れられていくのかというのはまだわかりませんけれども、いずれにしろ、06の方針でいった歳出削減、歳出歳入一体改革の方針は堅持されると考えております。
(問)それから、先週の金曜日に食料品等の価格調査の発表がございました。前回に比べてもやはり上げ幅はかなり大きくなっていまして、今後の景気に与える影響についてお願いいたします。
(答)定量的にどうこうということは言えないと思いますけれども、おっしゃるように、原油、それから原材料価格の影響がかなり広範なところで及んできておりまして、こういう状態が続くということは、景気にとって決していいことではない、そういう認識は持っております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)