内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成20年6月12日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成20年6月12日(木)

(平成20年6月12日(木)
14:00~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、まず予定でございます。
明日、6月13日17時半から男女共同参画会議が開催される予定でございます。
それから、日曜日、6月15日ですけれども、沖縄県の名護市でG8科学技術大臣会合が開催をされます。その前日14日には、G8科学技術大臣会合の「環境とエネルギー問題」ワークショップなど関連イベントが開催される予定と聞いております。
なお、本日19時から、岸田大臣がこのテーマで記者懇談会を開催されると承っております。
来週ですが、6月16日の月曜日、月例経済報告等関係閣僚会議が予定をされております。
さらに6月17日の火曜日には、経済財政諮問会議、議題は、歳出歳入一体改革の公共投資についての議論、それから、基本方針の素案が議論されると聞いているところでございます。
公表ものでございますが、明日、平成20年版の男女共同参画白書が公表されます。レクは既に済んでいるというふうに聞いております。 同じく明日ですけれども、5月の消費動向調査が公表される予定になっております。
もう一点、これは前回の会見のときに御質問があったことに関連いたしますけれども、生活関連物資の価格等調査結果、5月の、石油製品だけではなくて生活関連物資も含めた中での状況と、それに国民がどういうふうにそれぞれの生活の中で対応されたのかといったようなことについての調査が公表される予定になっております。
それから、18日の水曜日には、景気動向指数の4月改訂版が公表される予定と聞いております。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)昨日、参議院で総理の問責決議案が可決されましたけれども、これについての受け止めと、今後の国会審議についてどう見られているのかお願いします。
(答)立法府で行われていることでありますので、私の方からのコメントは控えたいと思います。
いずれにしても、私ども、今回4つの法案を出して、2つは可決をいたしましたけれども、まだ残り2つあります。非常に大事な法案でございますので、一日も早く成立をしてほしいというのが国会にお願いしたいことでございます。
(問)来週の経済財政諮問会議ですけれども、公共投資についてということなんですけれども、特定財源の一般財源化についてもここで論議されるということになるんでしょうか。
(答)どうでしょうか。よくわかりませんけれども、むしろ予算に向けての話かなと思っておりますが。
(問)消費者庁が大筋合意したようですけれども、人員については200人規模という話もあるようですけれども、各省からどれくらい持ってくるという話も詰められているんでしょうか。
(答)ちょっと私は聞いておりません。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)