内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年9月27日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年9月27日(木)

(平成19年9月27日(木)
14:01~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

私の方からまず予定ですが、明日、金曜日でございますけれども、男女共同参画の関係ですが、日本・ニュージーランド男女共同参画ジョイントシンポジウムが開催されます。男女共同参画の先進国でありますニュージーランドといろいろな情報交換を公開の場でやろうというものでございます。国会の日程等の調整がつけば上川大臣が出席をする予定でございます。
それから、10月1日付で、統計委員会が新たに発足をすることになります。日本の統計制度、縦割りでできていることの弊害が、最近非常にいろんなところで目立っているというふうに言われております。そこで、しっかりとした司令塔機能を設けようという趣旨で、つくられたものでございます。
それから、資料の公表では、この後記者レクがあると思いますが、男女共同参画社会に関する世論調査の結果の報告がございます。
それから、先ほど配布をされたようですが、国民生活センターの在り方等に関する検討会というのが置かれて検討をしてまいったわけですが、その報告がまとまりましたので、資料配布という形で皆さん方にお届けするようにしてあるはずでございます。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)諮問会議の見通しというのは、見えてきているものというのはあるんでしょうか。
(答)まだ具体的には見えてきておりません。基本的なところの確認を大田大臣がなるべく早いタイミングで官房長官、総理と調整されると思います。
(問)関連で、民間議員についてはどうなる見通しというか、替わるのか替わらないのか、いつごろ決まりそうか、その辺ちょっとお聞きしたいんですけれども。
(答)それも大田大臣が官房長官、総理と御相談の上ということになると思います。内閣府としては一刻も早く、そういう時間をもらって方向を固めたいと思っております。
(問)10月1日に発足するという統計委なんですが、この発足する日に何かをやったりとかは。
(答)いや、それはなくて、第1回の委員会は今のところは来週の金曜日、10月5日に開かれる予定になっております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)