内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年6月7日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年6月7日(木)

( 平成19年6月7日(木)
14:01~14:04
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、私の方から、いつもどおり予定でございますが、まず、明日8日の金曜日でございますけれども、自殺総合対策会議が開催をされる予定でございます。自殺総合対策大綱の案をお諮りして、なるべく早く閣議決定をいただきたいと思っているところでございます。
それから、経済財政諮問会議は、来週は、火曜日、12日に開催をされる予定でございます。前回、骨太方針2007の素案をお諮りしたわけですが、次回は、原案について御議論をいただく予定にいたしております。
それから、公表ものでございますが、白書が2つございます。明日の閣議で、高齢社会白書をお諮りすることにしております。それから、来週火曜日の閣議には、交通安全白書をお願いをしたいと思っているところでございます。たしか、高齢社会白書は、既に事前レクが済んでいるというように聞いております。
それから、交通安全白書は、今日この後、3時ぐらいからということなんでしょうか。
それから、経済指標でございますが、明日、機械受注統計調査の4月分が公表予定でございます。
それと、同じく明日でございますけれども、景気ウォッチャー調査の5月分、それから来週の火曜日には、消費動向調査5月分が公表される予定でございます。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)1つ教えていただきたいんですけれども、その骨太の素案がこの前出まして、大田大臣もかねがね骨太の方針の出し方をいろいろ工夫したいとおっしゃっていましたが、名前も含めて考えてみたいと、素案には基本方針2007としか書いていなくて、今、次官は骨太の方針2007とおっしゃっていましたけれども、名前はどうするんですか。
(答)今、多分、大田大臣がいろいろと考えておられると思います。
(問)変えるかもしれないという、変える方向で考えているということですか。
(答)どうでしょうか。大田大臣が変えたらどうかというお考えをお持ちであるやに聞いておりますけれども、今どういう方向になっているのか、私はまだ聞いておりません。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)