内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年5月31日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年5月31日(木)

( 平成19年5月31日(木)
14:01~14:04
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

主な予定からでございます。
イノベーション25、先般、戦略会議で長期戦略指針「イノベーション25」を取りまとめましたが、明日の閣議でこれを閣議決定に持っていただけるように進めているところでございます。
それから、昨年から6月を食育月間とするという方針が決まっておりまして、6月1日から6月いっぱい、途中で福井県で全国大会をやったりいたしますけれども、いろいろな広報やらイベントやらで、食育を国民運動として進めていきたいと思っているところでございます。
それから、経済財政諮問会議は、来週は4日月曜日に開催される予定です。今のところは、「骨太の方針2007」の素案についてご議論いただく予定にいたしております。
あと、内閣府からの公表という意味では、平成19年版の「防災白書」が、明日、公表ということになる予定でございます。
それから、景気動向指数の4月の速報が、6日水曜日に公表される予定でございます。
私からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)4日の諮問会議ですけれども、「骨太」の素案以外の議題というのはまだ……。
(答)まだ調整中だと聞いています。
(問)公務員制度改革の法案は、審議が少しおくれているというふうに聞いておるのですけれども、次官としてはどういうふうに受けとめていらっしゃいますでしょうか。
(答)私が承知しておりますのは、安倍内閣としては、とにかく今国会で成立させるという方針で臨んでいるということです。先日も、渡辺大臣のところで、内閣の幹部が集まった打ち合わせがございましたけれども、渡辺大臣から、同じような方針の表明がありました。国会でどうなっていくのか、それは予断を許さないと思いますけれども、内閣の方針は変わっていないと思っております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)