内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年5月24日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成19年5月24日(木)

( 平成19年5月24日(木)
14:01~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、私からは、いつもどおり主な予定でございます。
本日でございますが、17時から男女共同参画会議が開催されます。これまでの各専門調査会の検討状況の御報告と、それから今後の調査の進め方などについて御審議いただく予定にいたしております。
それから、明日、25日金曜日でございますが、イノベーション25戦略会議が開催されまして、イノベーション25の最終取りまとめを行う予定でございます。その内容につきましては、会議終了後に高市大臣と、それから座長の黒川内閣特別顧問が会見を行う予定というふうに聞いております。
それから、経済財政諮問会議は、これも明日金曜日、夕刻に開催されます。テーマは、地方分権、アジア・ゲートウェイ、それから規制改革、そして民間議員から「骨太2007」に向けての考え方ということで提案されるというふうに聞いております。いよいよ「骨太2007」、今年の「骨太」の最終的な取りまとめのスタートということになるのではないかと考えております。
諮問会議は、来週月曜日、28日にも予定しておりますけれども、こちらの方の議題は、今、調整中でございます。
私からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)明日の諮問会議の時間は決まっているのですか。
(答)まだ夕刻ということで、詳細までは決まっていないのではないかと思います。
(問)明日の諮問会議で、航空政策が1つ、テーマになると思うのですけれども、これまでの議論からすると、羽田空港についての24時間化は、「骨太」に盛り込むのはちょっと難しそうなニュアンスなのでしょうか。
(答)明日、国土交通大臣も臨時議員として御出席ではないかと思うのですが、どういうお話をされるのか、その冬柴大臣からの御発言が諮問会議の中でどういうふうになっていくのか、それを見ないといけないと思いますし、「骨太」にどうするのかというのは、まさにこれから最終のまとめに入っていきますので、今の時点では何とも言えないと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)