内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年11月30日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年11月30日(木)

( 平成18年11月30日(木)
14:01~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、いつものとおりでございますが、今週から来週にかけての主な予定でございます。
まず、ご案内のとおり、本日17時半から経済財政諮問会議が開催されます。
また、明日、朝8時50分からという予定ですが、7-9月期のQEの2次速報が発表されます。ちなみに、11月14日公表の1次速報では、実質0.5%成長、名目0.5%成長ということで発表されておりますが、それの2次速報値ということでございます。
私の方からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)先ほどの教育特の中で、静岡のタウンミーティングに関して、タクシー代やハイヤーの使い方が問題になっていたのですが、ああいった会計処理がなされていたことについてどのように考えていますか。
(答)今、調査委員会の方でいろいろ調査をしておられて、そういう調査の中で私どもも事実の把握を、今しつつある段階でございます。まだ、全貌を把握し得たわけではないので、評価というものはなかなか難しいんですけれども、適正に使ったんであれば、適正にそれを表記していく、そういうふうな契約方式というのが必要だなと思っております。
(問)ああいう会計処理の方法が、タウンミーティングだけではなくて、内閣府の中で当たり前のようにやられていたということに関しては。
(答)特に、私そういう認識を持っておりませんけれども、あの件に関して調べている中で、確かに15台という変だということで調べてみたら、実際には委員会で説明があったと思いますけれども、そういう実態があった。それを処理としてはああいう形で処理をしたということで、やはり事実が見えなくなるという意味では決して適切な処理ではないと思います。ただ、いずれにしろ、全体はまだ調査中ですので、それを見た上で我々としては、それをどう評価するのか、それからこれからどういうふうにやっていくのか考えていきたいとい思います。
(問)タウンミーティング調査委員会ですけれども、今後いつごろ次回の会合を開けるのか、あとは最終報告に向けてどのように作業を進めていくのかについては。
(答)調査委員会の進行については、私の方からお答えをするのは適当ではないと思っております。先週の金曜日に報告し、さらにその後、こういうことを調べるようにという指示が幾つかございましたから、今、私どもも鋭意その調査をやっているところでございます。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)