内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年11月22日(水)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年11月22日(水)

( 平成18年11月22日(水)
13:15~13:18
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

いつもどおりの予定でございますが、本日この後に14時から、政府税制調査会が官邸で開かれます。
それから、同じく本日17時半から、月例経済報告等関係閣僚会議。
それから、24日の金曜日、夕刻でございますが、経済財政諮問会議がございます。
それから、公表物では、金曜日の閣議後に18年度の「食育白書」、これはいわゆる法定白書といいますか、食育基本法によって国会への提出が求められているものでございますが、初めての「食育白書」ということになります。金曜日でございます。これは、事前レクは済んでいるのですかね。
私の方からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)先ほどの参議院の教育特で、塩崎官房長官が答弁の中で、タウンミーティングの問題について、調査委員会の調査結果が出た段階で、何らかのけじめが必要だというふうなことで、処分を行うというような考えを示唆されたと思うのですけれども、具体的にどのようなことを内閣府として考えているのか。あるいは、長官の方から何かその点に関して御指示はあったのか。どうでしょうか。
(答)前の会見でも申し上げたことがあると思いますけれども、今、私どもは、とにかく事実を明らかにして調査委員会に御報告するという責任を負っておりますが、それを果たしております。その後、組織としての責任をどういうふうにお考えになるのかは、長官の御判断だというふうに申し上げたのだと思いますが、そのとおりだと思います。したがって、今、特に私どもも何かを考えているということはございませんし、今時点で長官から、その件に関して何か指示があったということはございません。
(問)同じくタウンミーティングの問題ですけれども、野党4党の有志の議員が、野党の立場からこの問題について解明するということで、プロジェクトチームを立ち上げて調査するということなのですけれども、これは何か内閣府としては、情報あるいは協力するとか、その辺はいかがなのでしょうか。
(答)いえ。特に、私どもは、調査委員会の方針に沿って、林副大臣の指示のもとで調査しておりますから、それを淡々と一生懸命やっていくということだと思っています。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)