内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年9月7日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年9月7日(木)

( 平成18年9月7日(木)
13:30~13:36
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

今日はこちら側の都合で少し時間が早まりまして申しわけありません。
こちらの方からはいつものように主な予定でございますが、この週末、8日から11日、金、土、日、月、国際科学技術週間みたいな雰囲気なんですけれども、京都で科学技術関係の会議が4つ開かれます。まず、8日、9日、金、土ですけれども、-グローバル・イノベーション・エコシステム-持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2006、国立京都国際会館、松田大臣が御出席です。
それから、場所は同じですが、10日の日曜日にはイノベーションに関するこちらは日米のハイレベル会合ということで、日米の産学官のトップが集まる初めての会合ということで開かれます。松田大臣御出席予定でございます。
それから、10日から11日にかけては同じく国立京都国際会館ですが、第3回の科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム、いわゆるSTSフォーラムと呼んでいるのですが、世界各国から科学者が集まるという国際フォーラムがございます。テーマは科学技術の光と影というテーマだそうでございますが、松田大臣御出席です。
この国際フォーラムのセッションの中に、あらゆる人材の活用、科学における女性というセッションがございますが、こちらには猪口大臣が出席をされます。11日月曜日の午前中10時から12時でございます。
それから、4つ目、最後になりますが、11日月曜日12時から15時、こちらは科学技術関係大臣会合、20カ国程度から科学技術関係大臣が参加をされる予定でございます。松田大臣出席ということで、多分重要な会議がこの間京都でメジロ押しに行われることになっております。
それから、防災の関係ですが、昨日、防災功労者の総理大臣表彰がございましたけれども、今度は防災担当大臣の表彰式というのが8日、明日金曜13時半からここの地下講堂で行われます。沓掛大臣が出席をされます。
それから、12日、来週の火曜日でございますが、第4回日本・ノルウェー男女共同参画ジョイントセミナーというものが開かれます。場所は港区の女性と仕事の未来館というところで猪口大臣が出席をされます。女性がいかに社会を変えられるかというのがテーマだそうでございます。
会議は以上でございますが、今日から来週にかけて主要経済指標の発表が幾つかあるようでございます。今日、この後景気動向指数の7月の速報、明日は景気ウオッチャーの調査、それから月曜日11日には4-6月期の四半期別GDPの2次速報値とそれから7月の機械受注、12日には8月の消費動向調査、こういった重要なデータが幾つか発表になる予定になっております。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)大臣、11日の科学技術に関係する大臣会合ですけれども、これのテーマというか、そういったものはありませんでしょうか。
(答)ちょっと今手元にありませんが、もしあれでしたら後ほど。
(問)総裁選の関係で、省庁の再々編成ということで、今話題に上っていますけれども、それについて内閣府としての何らかの対応なり、お考えなりありましたらお聞かせください。
(答)そういう方針を掲げておられる候補者がおられるのは私も承知しておりますが、まだ具体的にどういうことなのかわからないので、それへの直接の対応というのは今の時点ではできないと思います。ただいずれにしろ、13年1月に明治維新以来とか当時は言われましたけれども、大変大きな改革があって5年たったわけでございます。いずれにしろ、私どもとしても5年を振り返って内閣府が改革のときの与えられた目的をもっともっときちんと果たすためには、どういうところを改めなきゃいけないのか、強化しなきゃいけないのか、そんな検討はしなきゃいけない、これは不断のテーマだと思っておりますし、内閣府としても当然検討していきたいと思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)