内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨  >  内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年8月3日(木)

内田内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年8月3日(木)

( 平成18年8月3日(木)
14:00~14:05
 於:内閣府本府1階118号室)

1.発言要旨

それでは、改めまして内閣府の次官に7月28日付、就任いたしました内田でございます。きょうから定例の会見ということで、こういう形で開かせていただくことになりました。よろしくお願いをいたします。
前江利川次官は4号館の方で開いて、月曜日ということでやっておられて、私になってから木曜日、こちらでということで、もしかして御不便をおかけしている向きもあるのかもしれませんけれども、内閣府の審議官とも相談をしまして、経済について、府審議官から月曜日に会見を4号館でしていただくという方がいいかなと思いまして、私は木曜日にこちらでやらせていただくということにいたしました。よろしくお願いをいたします。
やり方などもこれからおいおい、また皆さんに御意見もいただきながらと思っておりますけれども、きょうのところは、とりあえず私の方からは当面の内閣府関係の予定の話をさせていただきたいと思います。
既に御案内のことが多いのだろうと思いますが、来週になりますと8日に故橋本龍太郎総理の内閣・自由民主党合同葬儀が武道館でございます。
それから、経済の関係という意味では、来週の火曜日に月例経済報告の関係閣僚会議が予定をされておりますし、幾つかの経済指標、例えば7日には景気動向指数、8日には景気ウォッチャー調査、それから9日には機械受注統計調査という大事な統計が逐次発表されることになっております。
それ以外で大臣の関係の日程では、タウンミーティングが5日、土曜日、岐阜県で、これは少子化社会がテーマで猪口大臣が出席される予定でございます。それから、翌日になりますが、6日、日曜日には名古屋で、こちらは科学技術をテーマに松田大臣が御出席の予定のタウンミーティングが開かれることになっております。松田大臣は、その前4日に岐阜市で開かれる科学技術産学官連携フォーラムに御出席の予定でございます。
内閣府の関係は以上でございます。
本日、私の方からお話しするのは以上でございます。

2.質疑応答

(問)気が早いんですが、1週間ちょっとこのお仕事に就かれて、内閣府の現状ですとか、あるいは就任会見のときにもお話しされていましたけれども、こういうふうなことをやって、よりいろんなところから来ている人材、皆さんの力を生かして仕事をしていこうとかという、1週間後の思いついたことですとか方針、ここを強くしようとかというような御感想含めて、ありましたら。
(答)気の早いとおっしゃったように、まさにまだ勉強を始めている途中でありますけれども、感想として言えば、予想されたことであるんですけれども、非常に間口が広いということのほかに、まだ日々生きているというんでしょうか、私がこちらの次官になることが決まって、まだ数週間あるいはなってから1週間なんですけれども、その間にも新しい室ができたりということで、まだまだ、どんどん成長過程の役所だなという実感を持っています。
間口が広いし、それからそれぞれの特命担当大臣がしっかりついて指揮をしておられますから、就任の会見でも、私はなるべくおもしろい仕事に職員の皆さんが出会えるようにというようなことを申し上げたんですけれども、恐らく事務次官の役割、特に内閣府におきましては事務方のトップとして、各大臣のお仕事がうまく回って、またその間で職員がおもしろい体験ができる、一生懸命やったという体験ができる、そういう環境づくりが私の仕事だなという思いは1週間前と同じ、あるいは少し強くしているところであります。
どうもありがとうございました。よろしくお願いいたします。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)