内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年4月17日(木)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年4月17日(木)

( 平成18年4月17日(木)
15:00~15:05
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週の予定から申し上げます。
経済財政諮問会議ですけれども、19日に開くべく時間を現在調整中であります。
松田大臣の関係ですが、今日から科学技術週間ということで、午前中に丸ビルで科学技術週間オープニングセレモニーがありまして、大臣が出席しております。
中馬大臣の担当の分野ですが、18日、明日の夕方ですけれども、構造改革特区あるいは地域再生計画の認定書の授与式が官邸で行われます。総理大臣、官房長官の出席が予定されております。
防災対策の関係でありますが、今週後半に中央防災会議を開くべく準備を行っております。これは沓掛大臣の担当の分野です。
猪口大臣の担当の分野ですが、21日金曜日の夕方に男女共同参画研修会を東京ブロックということで、東京でやることになっております。大臣が少子化対策の地域ブロック会議をやっているときに、同じ日にそのブロックで男女共同参画関係の研修会をやってきておりましたが、東京につきましては金曜日に研修会をやり、そして土曜日に少子化対策について東京ブロックの地方自治体のトップとの会合をやるという予定でございます。
それから、20日の木曜日ですが、日本国際賞の授与式が国立劇場で行われます。午後3時からの予定であります。我が方の大臣では、松田科学技術担当大臣が出席する予定であります。
23日日曜日にはタウンミーティングが行われる予定であります。都市構造改革関係のタウンミーティングということで、富山県で北側国土交通大臣が出席する予定であります。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)19日の諮問会議なんですけれども、今のところどういうテーマで議論するのかわかれば教えてください。
(答)基本的に歳出・歳入一体改革、それと連携するものとしてグローバル戦略、この関係を6月に向けてまとめていくということになります。
テーマについては、今日夕方、民間議員と相談をして、その上で最終的に大臣に御相談をして決めていきたいということになっております。歳出・歳入一体改革絡みでテーマを取り上げてやっていくか、あるいはグローバル戦略について更に深めた議論をするか、その辺のことになろうかと思います。
(問)6月の取りまとめに向けてなんですけれども、今後、諮問会議の開催頻度なんですけれども、今のところどの程度を考えていらっしゃるんですか。
(答)年度がかわりましてから大体月3回ぐらいが去年の例だったということを申し上げましたが、概ねそんな感じでございまして、4月に入りまして、今週開きますと、4月は来週というか、下旬にも、もう一度開きたいということであります。
5月は連休がありますので、スタートが少し遅れますが、5月も3度ぐらい開いて取りまとめの準備に当たっていきたいというふうに思っております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)