内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月27日(木)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月27日(木)

( 平成18年2月27日(木)
13:59~14:02
 於:記者会見室)

1.発言要旨

予定でございますが、来週の水曜日、3月7日に1月の景気動向指数の速報が発表される予定になっております。
私の方からは以上でございます。

2.質疑応答

(問)諮問会議ですが、3月は3回程度ということなんですが、歳出・歳入一体改革の中間取りまとめに向けての今後のやり方のイメージというものがあったらお伺いできますでしょうか。
(答)歳出・歳入一体改革、3月末に向けて中間取りまとめをしようということになっています。項目になりそうなものについて、順次議論をしていきたいということでありまして、まだ一部しか議論ができておりませんので、今後の3回の間でそういう他の分野について関係大臣を呼んで議論をしていきたいということであります。
また、今までの議論の中で、前提条件をどんなふうに置きながら、例えば経済の前提をどんなふうに置きながら推計をするのか、そんな議論がありました。幾つかのケースを想定して、そのケースごとにどんなふうな歳出削減努力がいるのか、そういうものを示していく、複数のケースを示していくということになろうかと思います。
あと、これからの議論の展開いかんによりますけれども、あえて推測でしゃべれば、中間取りまとめの段階では、あえて推測でしゃべれば、諮問会議の中で出てくる論点を整理することを中心に作業するのかなと思っております。6月にまとめるときには、更にそれを詰めて、幾つかの選択肢にしていくということになろうかと思いますが、その前の段階のものになるのではないかというふうに思います。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)