内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月20日(木)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月20日(木)

( 平成18年2月20日(木)
15:00~15:04
 於:記者会見室)

1.発言要旨

それでは、今週の予定からであります。
経済財政諮問会議は、23日木曜日に開くということで、今時間の調整をしております。
月例経済報告に関する閣僚会議は22日水曜日の夕方という予定であります。
猪口大臣の担当の分野でありますけれども、食育推進基本計画検討会が今日の夕方開かれることになっておりまして、食育推進基本計画案がかけられます。了承が得られますとパブリックコメントを求めるということになります。
タウンミーティング、25日土曜日に開かれます。1つは、ニート問題を考えるタウンミーティングということで、枚方で、川崎厚生労働大臣、小坂文部科学大臣が出席する予定であります。
もう1つは地球環境のタウンミーティング、これは仙台で、小池環境大臣が出席する予定です。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)今週の諮問会議のテーマの見通しはいかがでしょうか。
(答)テーマは今検討中ということでありまして、まだはっきり固まっておりません。候補に上がっているものの1つは、行政改革推進法案がまとまってくるプロセスにありますので、この辺の話が聞ければというのが1つであります。
それからもう1つは、同じく行革絡みでありますけれども、JBICの改革で海外経済協力のあり方が議論になっておりましたが、ここら辺の検討状況ですね。原田座長のもとで検討しているものでありますけれども、それについての報告を求めるというのも候補の1つであります。
歳出・歳入一体改革関係で何か議論をさらに進める、これも何をするかということも含めてまだ決まっているわけではありませんが、歳出・歳入一体改革関係について、3月に中間取りまとめという予定がありますので、やれるテーマがあればやりたいという状況であります。いずれもまだ候補ということできちんと決まっておりません。
(問)歳出・歳入一体改革関係では、前回の諮問会議の前の次官会見で、社会保障を取り上げる可能性があるというお話があったと思うんですが、前回テーマになりませんでした。3月末まで時間もどんどん迫っていると思いますけれども、その辺、前回取り上げられなかった経緯等、もし御説明いただければ。
(答)社会保障全体について恐らく厚生労働省側で、もう少し中でも詰めて説明したいということもあったのではないかと思います。ほかにも資産・債務であるとか、地方財政関係であるとか、いろいろありますけれども、そういうものも順次とは思っております。ただ、関係する省庁もそれぞれ懇談会を設けたりとか、色々な制度改革に取り組んでおられるとか事情もありますので、その辺の各省の事情も踏まえながらテーマを設定していきたいということであります。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)