内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月13日(木)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成18年2月13日(木)

( 平成18年2月13日(木)
15:00~15:05
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週の予定から申し上げます。 経済財政諮問会議ですけれども、今週の水曜日に開こうということで、今、時間の調整をしております。議題は、歳出・歳入一体改革の進め方、それと歳出・歳入一体改革の中で社会保障関係についてできないかと、今調整しているところです。それとグローバル戦略について話題にしたいということであります。
松田大臣の担当している分野ですが、今日、日本学術会議の臨時総会が開かれておりまして、官房長官の挨拶であるとか、松田大臣の講演であるとかが予定されております。松田大臣の講演はもう終わったと思います。
猪口大臣の関係でありますが、明日14日、火曜日、少子化社会対策推進専門委員会が開かれまして、少子化対策についてテーマを決めながら、対策を議論していこうと。専門委員との意見交換ということですから、いろんな意見、アイデアを出し合う段階だとは思いますが、そういう会議が予定されております。
19日の日曜日には、少子化担当大臣と地方自治体のトップと会談をすると。今回は、北関東ブロックということで、茨城県の水戸市で行われる予定であります。猪口大臣がそういう会議をやりましたとき、あわせて男女共同参画にかかる講演を行っております。講演の方は午前中、それから知事との会議は午後ということであります。
規制改革・民間開放につきましては、15日に会議が開かれる予定だということであります。
防災につきましては17日に中央防災会議を開く予定があります。
19日、日曜日ですが、タウンミーティングがありまして、大学と地域再生タウンミーティング、神戸で開かれる予定であります。中馬大臣が出席するという予定であります。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)諮問会議なんですが、これは歳出・歳入一体改革の、また全般の話をされるのか、個別の社会保障について話をされるのか、どちらでしょうか。
(答)基本的には全般の話をまずやります。全体の時間との調整もありますが、可能ならその中の一つのテーマである社会保障について、厚生労働大臣に来ていただいて話をしようかということであります。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)