内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成17年10月24日(月)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成17年10月24日(月)

( 平成17年10月24日(月)
15:02~15:06
 於:記者会見室)

1.発言要旨

それでは、今週の予定から説明します。
経済財政諮問会議ですが、今週も開きたいということで、今、日程調整中であります。
それから、男女共同参画会議は、今日の夕方開かれます。少子化と男女共同参画に関する社会環境の国際比較などについて議論する予定であります。
それから、現在日程調整中でありますが、「骨太の方針2005」で書いてあります2つの会議、これをやるということを予定しています。 1つは、男女共同参画関係でありますけれども、女性の再チャレンジ支援策検討会議。「骨太の方針2005」では女性の再就職、起業等についての総合的な支援策を検討するため、関係閣僚による会議を設置するということになっておりますが、この関係の会議を今週開きたいということで、今、調整中であります。
また、もう一つ、同じく「骨太の方針2005」に書いてあるのですが、少子化社会対策関係で、閣僚と有識者等が連携して取り組む体制を整備すると。これを受けまして、今週中に有識者と大臣から成る少子化社会対策推進会議―まだ仮称でありますけれども、こういうものを開きたいということで、今、調整中であります。
私からは以上です。

2.質疑応答

(問)今週開かれる予定の諮問会議についてですが、今調整中のテーマの候補について教えていただけませんか。
(答)テーマも含めてまだ確定ではありませんけれども、1つは、先般、厚生労働省から医療制度改革についての案が出ましたので、この案について議論するということが候補の1つであります。
それからもう一つは、現在、政策金融改革に関しまして、諮問会議のワーキンググループがヒアリングをしておるのですけれども、このヒアリングが今週の火曜日までに終わる予定になっておりますので、そのヒアリング結果を踏まえて何か出せるかどうか、ここもまだこれからヒアリングをやりますので確定ではありませんが、その辺が検討されているところです。
(問)先ほど、今週中に開催を調整されている2つの関係閣僚会議、これは、総理は出席されないということですか。
(答)これは、総理は出席しません。この女性の再チャレンジ支援策の検討会議の方は官房長官を中心に、それから関係大臣で構成すると。それから、(仮称)少子化社会対策推進会議、これにつきましてはやはり官房長官、関係大臣ですが、それに加えて有識者の方々にも参加してもらう、こういうことで、今、進めております。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)