内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  大臣・副大臣・大臣政務官  >  現内閣以前の大臣・副大臣・大臣政務官  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨  >  江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成17年5月16日(月)

江利川内閣府事務次官記者会見要旨 平成17年5月16日(月)

( 平成17年5月16日(月)
15:01~15:07
 於:記者会見室)

1.発言要旨

今週の主な予定から申し上げます。
経済財政諮問会議ですが、18日水曜日の夕方ということで、今、時間調整をしております。テーマとしては、残っているいろいろな課題を1つずつ「骨太」に向けてやっていこうということでありますが、「国と地方」の改革とか、公的資産・債務管理とか、社会保険庁改革などがテーマの候補に挙がっております。諮問会議までの間に、さらに詰めていきたいということであります。
それ以外の予定でありますけれども、5月17日に男女共同参画会議が開かれます。これも、夕方の予定であります。男女共同参画基本計画の改定が課題になっておりますが、その中間整理について御説明、御議論をしたいということが主なテーマであります。
それから月例経済報告は、ご案内のとおり、19日夕方を予定しております。
春の叙勲の関係でありますが、大綬章等の親授式あるいは伝達式、これを5月19日に行う予定であります。内閣・内閣府関係の勲章の伝達式は、20日11時半から行うことになっております。
消費者政策の関係で、前にも申し上げましたが、5月は消費者月間ということですけれども、その関係の行事の1つとして、消費者問題国民会議を各地で開くということで、5月19日に仙台市で開催を予定しております。
防災の関係では、5月19日に政府の図上訓練を実施する予定であります。詳細は17日に事前説明されることになっております。
それから中央障害者施策推進協議会、議員立法で障害者基本法の中にこういう協議会を置くという改正がされたわけでありますが、その協議会の初会合を5月20日の夕方に開く予定であります。総理、官房長官等の御出席を予定しております。
私の方からは以上です。

2.質疑応答

(問)諮問会議関係なのですけれども、残された課題についてなのですが、これは18日と、あと今月もう一回ぐらいの2回で全て片づけて6月に入っていくというような、そういうスケジュール感でよろしいのでしょうか。
(答)6月下旬には、「骨太」をまとめていきたいというスケジュール感を持っておりますが、そういう意味では6月に入ると具体的な取りまとめ作業が中心になってきます。
ただ、各論で積み残っているものがあれば、それと並行して議論することも十分ありますから、5月、もう一回予定しておりますけれども、そこでさらに議論すべきものを議論して、「骨太」の具体的な中身に入っていきますが、その途中でまたさらに議論すべきものがあれば、6月に入っても議論して、それでまとめていきたいと思っております。
(問)確認ですけれども、6月も、諮問会議は毎週1回ぐらいやるというようなペースでよろしいでしょうか。
(答)そうですね。概ねそんな感じですが、最後の取りまとめをするときは、密度が濃くなっているときもあります。最後のころになると時には週に2回ということも、過去の例などを見ますとあり得るのかなと思っております。ここは、「骨太」の中身の詰まりぐあいを見ながらスケジュールを設定していきたいということであります。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)