第3−1−12図 これまでの3年間と今後の3年間の従業員の見通し