(50) ただし、大竹(2005)において、独自のアンケートを用いて、所得格差に関するアンケート調査を行い、計量分析の手法を用いて格差を感じている人の属性についての分析が行われている。