(48) 詳細は大竹(2005)を参照。