(29) 企業レベルのデータを用いて、部分均衡モデルによって雇用調整速度を推計したものには、前掲の富山雅代(2001)や齋藤隆志・橘木俊詔(2005)等がある。