(23) 前掲井出(2005)では、メインバンク制や株式の安定保有、株式の相互保有構造などにより、日本では資本コストが引き下げられ、それが結果的に低いROAとして現われていると指摘している。