(30) 詳しくは前掲OECD(2002)を参照。ここでは、国際比較を行うために便宜的にOECDの手法にならって市場における名目国債金利を使用しているため、国債残高の年限別構成を考慮した加重平均金利を用いると若干結果が異なることには留意する必要がある。