(18) 才田(2006)では、1990年代以降、財では価格粘着性が低下している一方、サービスにおいては顕著に高まっていることを指摘している。