付注2−2 設備投資と資金制約について