平成18年度

年次経済財政報告

(経済財政政策担当大臣報告)

−成長条件が復元し、新たな成長を目指す日本経済−

平成18年7月

内閣府


目次][][][年次リスト

付注1−1 構造的失業率の推計方法について1

付注1−1 構造的失業率の推計方法について2

付注1−2 消費の長期均衡の推計結果について

付注1−3 GDPギャップの推計方法について1

付注1−3 GDPギャップの推計方法について2

付注1−3 GDPギャップの推計方法について3

付注1−4 住宅ローンの返済シミュレーション1

付注1−4 住宅ローンの返済シミュレーション2

付注1−5 貸出金利が上昇した場合の銀行の資金収益に与える影響

付注1−6 長期金利の上昇が銀行保有国債の評価損益に与える影響

付注1−7 収益還元価格指数の試算方法について

付注1−8 構造的・循環的財政収支の推計について1

付注1−8 構造的・循環的財政収支の推計について2

付注2−1 負債比率の決定要因

付注2−2 設備投資と資金制約について

付注2−3 配当増額実施有無の決定要因について1

付注2−3 配当増額実施有無の決定要因について2

付注3−1 企業における人材育成に関するアンケート調査の概要

付注3−2 仕事と教育に関する調査の概要

付注3−3 非正規雇用の残存確率について

付注3−4 ジニ係数について

付注3−5 各種統計の調査対象世帯の違いについて

付注3−6 各種不平等指数の特徴

付注3−7 個票情報の追加的処理方法について

付注3−8 異時点間の平均対数偏差変化の要因分解1

付注3−8 異時点間の平均対数偏差変化の要因分解2




目次][][][年次リスト