平成13年度

地域経済レポート2001

−公共投資依存からの脱却と雇用の創出−

平成13年11月

内 閣 府 政 策 統 括 官

(経済財政-景気判断・政策分析担当)


[目次] [戻る] [次へ]

第2章 地域における雇用構造の変化と雇用創出の戦略

 地域の雇用情勢は、どの地域においても厳しくなっている。失業率は過去1年間に上昇を続け、各地域ともほぼ過去最高の水準にある。今後も、公共投資の縮減と不良債権の処理などにより、離職者の数は増加するとみられている。この時期において離職者が円滑に再就職し、失業が減少していくためには、地域において雇用が活発に創出されること、そして教育・訓練などによってミスマッチが解消されていくことが必要となる。

 以下では、第1節で近年の地域における雇用悪化の実態を把握する。第2節では、地域の雇用構造の変化について検証する。第3節では、地域における雇用の創出の可能性を探るため、成長企業の実例と新規開業の実態を分析する。その上で、雇用創出の条件について検討する。


[目次] [戻る] [次へ]