平成13年度

地域経済レポート2001

−公共投資依存からの脱却と雇用の創出−

平成13年11月

内 閣 府 政 策 統 括 官

(経済財政-景気判断・政策分析担当)


[目次] [戻る] [次へ]

第1章 公共投資縮減の地域経済への影響

 全国レベルで経済構造の改革が進められるなかで、地域経済にとっての課題とは何か。経済社会の多様性を涵養し、地域の産業と企業の競争力を高めるには、地域の特色が一層発揮されること、更には地域経済の自律性が高まることが有効とみられる。そのためには、地域における市場経済の強化と公共投資依存からの脱却、そして地方財政の健全化という課題が指摘できる。地域経済が速やかで滑らかな構造転換を通じて次の発展段階に進むためにも、こうした課題を乗り越えることが必要とされている。

 以下では、第1節で地域経済の公共投資に依存している状況をみる。第2節では、公共投資が縮減される背景にある地方の財政状況を概観する。第3節では、公共投資縮減の経済的影響をみたのち、直接影響を受ける建設業就業者の地域別の状況を検討する。


[目次] [戻る] [次へ]