内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  CHANS:政府調達苦情処理体制  >  政府調達に係る苦情の受付及び処理の状況  >  政府調達に係る苦情の受付及び処理の状況

政府調達に係る苦情の受付及び処理の状況

平成18年1月25日
政府調達苦情処理推進本部幹事会

平成17年10月~12月の政府調達に関する苦情の受付及び処理状況は以下の通り。

  1. 苦情番号
    検委事第6号
  2. 苦情申立日
    平成17年12月2日
  3. 苦情申立人
    オーバーシーズ・ベクテル・インコーポレーテツド
  4. 苦情に係る調達機関名及び購入等件名
    東日本旅客鉄道株式会社
    JR東日本滝野川社宅新築
  5. 苦情の概要
    入札公告(平成17年10月18日付官報号外政府調達第191号)に基づき上記4の調達機関によって実施される予定の工事に係る入札参加資格条件は、以下のとおり、「政府調達に関する協定」(1994年4月15日署名・1996年1月1日発効)並びに「公共事業の入札・契約手続の改善に関する行動計画」(平成6年1月28日閣議了解)及び同計画運用指針(平成8年6月17日事務次官等会議申合せ)に照らして適切ではないことから、本件に係る苦情申立人の競争参加資格を認めることを求める。
    (1)「立地」及び「近隣住民への配慮及び対応」は技術的条件には該当せず、必要の程度を超えて厳しい条件を設定していること。
    (2)今回の工事は、「技術的難度の高い工事、困難な作業条件の下で施工する工事等」には該当せず、経験時における主任技術者,監理技術者等の役職による限定は設けるべきではないこと。
    (3)仮に上記の2点が共に適切であると判断された場合でも、過去の同種工事の実績に係る条件については同一工事での実績に限定する必要はなく、技術者に求められる要件についても苦情申立人には十分に資格があること。
  6. 苦情処理状況の概要
    政府調達苦情検討委員会は、「政府調達に関する苦情の処理手続」(平成7年12月14日政府調達苦情処理推進本部決定、最終改正平成11年1月11日)に基づき検討を行い、平成18年1月20日報告書(PDF形式:95KB)を作成し、苦情申立人であるオーバーシーズ・ベクテル・インコーポレーテツド、関係調達機関である東日本旅客鉄道株式会社、参加者であるJR東日本滝野川社宅新築工事共同企業体構成員代表者大成建設株式会社、鹿島建設株式会社、株式会社大林組に交付した。
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)