内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.101

今週の指標 No.101

目次  前へ 次へ

1999年12月27日

回復の兆しがみられる対アジア直接投資

<ポイント>

  1. 対アジア直接投資は、アジア通貨危機の影響から98年度上期以降大きく落ち込んだが、99年度上期は前年同期比21.3%の増加となり、回復の兆しがみられる(図1)。
  2. これは、アジア諸国の景気が総じて回復していることなどから、多くの日本企業がアジア投資拠点の強化を考えているためとみられる(図2)。

図1 対外直接投資(対アジア)の推移

図2 今後のアジア(ASEAN4、韓国)向け投資戦略

担当:内国調査第一課  倉持 修  直通03-3581-9527

目次  前へ 次へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)