内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.72

今週の指標 No.72

目次  前へ 次へ

1999年9月27日

目標圏を超えてなお上昇する国際原油価格

<ポイント>

  1. 99年3月に上昇基調に転じた原油価格は、9月に入っても騰勢は鈍化せず、OPECが非公式の目標圏としている18~20$/B(北海ブレント)を上回っている。
  2. 価格高騰の主因は減産遵守率の改善であり、新たな減産スキームが合意された99年4月以降は、OPEC加盟国の原油生産量が大幅に減少している。
  3. OPEC諸国は、9月22日のOPEC総会で、現行規模の減産を2000年3月まで継続することに合意した。

図1 原油スポット価格(北海ブレント)の推移

図2 OPEC加盟国の原油生産量と減産遵守率の推移

担当:海外調査課  木村 英樹  直通03-3581-9537

目次  前へ 次へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)