内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.51

今週の指標 No.51

目次  前へ 次へ

1999年8月2日

悪化に歯止めがかかってきた消費者マインド

<ポイント>

  1. 消費者態度指数をみると、全世帯では9月調査を底に改善傾向が見られ、消費者マインドの悪化に歯止めがかかりつつある。
  2. ただし、6月調査では、改善傾向が一服している。これは、収入面の見通しが改善しているものの、雇用への懸念が依然として大きいことや耐久消費財の購入意欲が後退していることなどによるものである。

図1 消費者態度指数(全世帯-季節調整値)

図2 個別の消費者意識指標の推移(全世帯-季節調整値)

(備考)経済企画庁「消費動向調査」、「単身世帯消費動向調査」により作成。

担当:内国調査第一課 大塚 昌明 直通 03-3581-9517

目次  前へ 次へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)