内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.48

今週の指標 No.48

目次  前へ 次へ

1999年7月19日

アメリカの物価と国際原油価格の動向について

<ポイント>

  1. アメリカの原油の輸入依存度は、国内生産の減少、輸入増加により、90年代に入り高まっている。
  2. このため、最近のアメリカでは国際原油価格が上昇すると国内のエネルギー関連価格も上昇しやすくなっている。
  3. このことが3、4月の一時的な物価(総合)上昇の大きな要因であり、物価動向には今後とも注視していく必要がある。

アメリカの原油輸入の動向 エネルギー関連価格と原油価格の動向

生産者物価指数の前月比・寄与度

担当:海外調査課 高橋敏明  直通 03-3581-0056

目次  前へ 次へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)