内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.19

今週の指標 No.19

目次  前へ 次へ

1999年4月12日

減少する企業収益

<ポイント>

  1. 日銀短観(3月調査)によれば、10年度下期の経常利益(全規模、全産業)は、前年同期比21.8%減の大幅な減益が見込まれている。
  2. 11年度の経常利益見通しについては、増益が見込まれているものの、(1)前年度末における翌年度経常利益見通しは、収益が減少している局面においては目標としての性格が強く上方バイアスを持つ傾向がある、(2)事業税の会計処理方法の変更により、今回短観における経常利益見通しは嵩上げされている可能性がある、ことから慎重にみる必要がある。

図 経常利益の計画と実績の乖離

(1)大企業

(2)中小企業

(備考)

  1. 日本銀行「全国企業短期経済観測調査」により作成。
  2. 実績の系列のうち、10年度上期、下期は実績見込み。
    前年度末の計画(3月調査)で下期見込値があるのは、9年下期以降。
  3. 縦線の実線は景気の山、点線は景気の谷を指す(但し、9年3月の山は暫定)。

担当:内国調査第一課 塚田 裕昭 直通03-3581-0806

目次  前へ 次へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)