内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.218 アメリカ:細るハイテク業界への資金流入

今週の指標 No.218 アメリカ:細るハイテク業界への資金流入

目次   前へ 次へ 2000年12月11日

アメリカ:細るハイテク業界への資金流入

<ポイント>

  1. 米国では、昨年の6月29・30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ局面に入って以来、今年の5月まで合計1.75%の利上げを行った(図1)が、先月15日のFOMCの声明でグリーンスパンFRB議長の指摘にもあったように、金融引締めの効果がこれまで米経済をけん引してきたハイテク分野に波及している。
  2. ハイテク株を多く含む店頭市場(ナスダック)総合指数は、今年3月に5048.86ポイントのピークを付けた後下落し始め、11月30日には2597.93ポイントとピーク時のほぼ半分の水準まで下落し、その後も軟調に推移している(図2)。
  3. また、米VC協会(NVCA)の調べによると、これまで急拡大を続け、ハイテク企業の成長を資金面から支えてきたベンチャーキャピタル投資が2000年7~9月期で統計を取り始めた96年以来、初の減少を記録し、ベンチャー投資も頭打ちの傾向が見られる(図3)。

図1 FRB政策金利の推移、図2 ナスダック総合指数の推移、図3 米VC投資額 件数の推移

担当:海外調査課 中島 進 直通 03-3581-9536 

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)