内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.203

今週の指標 No.203

目次   前へ 次へ 2000年10月30日

設備投資と企業金融

<ポイント>

  1. 設備投資は持ち直しの動きが続いているものの、民間金融機関による貸出は依然低調となっている(図1、2)。
  2. この背景の一つとして、企業部門における資金需要の弱さがあると考えられるが、企業行動の積極性をみる指標として、企業の設備・在庫投資額をキャッシュフローで割った比率をとると、やや持ち直しているものの、1を大きく下回っている状況がみられる(図3)。今次の回復局面における同比率の回復は弱く、全体として、企業の慎重な行動が見て取れる(図4)。

図1 設備投資の推移(前年同期比)図2 貸出動向の推移(前年同月比)

図3 企業の設備・在庫投資/キャッシュフロー比率図4 景気の谷からの同比率の回復


(備考)
  1. 大蔵省法人企業統計季報、日本銀行金融統計経済月報より作成。
  2. 図2における特殊要因調整後とは、貸出債券流動化、償却要因等を調整したもの。
  3. 企業の設備・在庫投資/キャッシュフロー比率=(設備投資+在庫投資増減)/(0.5×経常利益+減価償却費)として、それぞれの数値を後方4期移動平均にして計算。図4においては、景気の谷の比率をゼロとしている。

担当:内国調査第一課 平井 滋 直通03-3581‐9517

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)