内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.201

今週の指標 No.201

目次   前へ 次へ 2000年10月23日

悪化がみられる交易条件

<ポイント>

  1. 99年以降、交易条件(=輸出価格/輸入価格)の悪化が続いているが、最近の動きをみると輸出入価格がともに上昇しているなかで、輸入価格の上昇が輸出価格の上昇より大きくなっていることが原因となっている。(図1)
  2. この輸入価格の動きをみると、99年末までは円高の影響から比較的安定していたが、2000年に入ってからは、原油価格高騰の影響と今年始めにかけての円安の影響によって上昇した。その後、一旦低下したが、6月以降再び上昇している。(図2)
  3. 交易条件指数の動きを推計を用いて分解してみると、最近は為替要因の影響が小さくなっている。(図3)

図1 交易条件と輸出入価格の推移、図2 輸入価格指数と為替レート・原油価格の推移

図3 交易条件指数3ヶ月移動平均の3ヶ月前比伸び率の寄与度分解

担当:内国調査第一課 木村 佳人  直通 03-3581-9527

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)