内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.198

今週の指標 No.198

目次   前へ 次へ 2000年10月16日

改善続く消費者の雇用環境への意識

<ポイント>

  1. 最近の雇用情勢をみると、失業率が高水準で推移するなど、依然厳しいものの、求人数は増加傾向にあり、失業者数も2000年5月以降前年の水準を下回っている。また、失業者では非自発的離職者が3月以降6ヶ月連続で前年の水準を下回るなど改善の動きが続いている(図1)。
  2. こうしたなか、消費者の雇用環境に関する意識は改善し続けており、96-97年頃のピークの水準に近づきつつある(図2)。

図1 完全失業者数(求職理由別)と求人数の推移

図2 消費者の雇用環境への意識の推移

(付注1)

 経済企画庁「消費動向調査」における雇用環境への消費者意識の算出方法

  1. 雇用環境について、今後半年間に今よりもどのように変化すると考えているか、5段階評価(「良くなる」、「やや良くなる」、「変わらない」、「やや悪くなる」、「悪くなる」)で回答を求める。
  2. この5段階評価の回答に点数を与え(プラスな回答区分「良くなる」に(1点)、「やや良くなる」に(0.75点)、中立な回答区分「変わらない」に(0.5点)、マイナスになる回答区分「やや悪くなる」に(0.25点)、「悪くなる」に(0点)の評価)、この点数を各回答区分の構成比(%)に乗じて、合計することにより算出する。

(付注2)

 日経産業消費研究所「日経消費予測指数」における「職のみつけやすさ」への消費者意識の算出方法

  1. 「職の見つけやすさ」について、1年前と比較した現時点において、3段階評価(「見つけやすい」、「同じようなもの」、「見つけにくい」)で回答を求める。
  2. この3段階評価の回答に点数を与え(「見つけやすい」に(2点)、「同じようなもの」に(1点)、「見つけにくい」に(0点)の評価)、回答結果のおける点数の平均点数を100倍することにより算出する。

担当:内国調査第一課 大塚 昌明  直通 03-3581-9517

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)