内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標No.197

今週の指標No.197

目次   前へ 次へ 2000年10月10日

2000年夏季賞与の動向

<ポイント>

  1. 2000年の夏季賞与の前年比増減率をみると、前年よりも減少幅が大幅に縮小、あるいは前年比プラスに転じており、概ね下げ止まりつつあるといえる。
  2. 今回の景気回復局面における賃金の動きをみると、名目ベースでは賞与削減を主因として減少していたが、最近では下げ止まっている。また、実質ベースでみると、消費者物価の下落によって緩やかに上昇してきている。

図1 2000年夏季賞与の動向(前年比伸び率)

図1 2000年夏季賞与の動向(前年比伸び率)

図2 景気回復局面における給与回復パターンの比較

図2 景気回復局面における給与回復パターンの比較 1)名目賃金 図2 景気回復局面における給与回復パターンの比較 2)実質賃金

(備考)

  1. 労働省「毎月勤労統計(事業所規模30人以上)」により作成。
  2. 過去1年の現金給与総額指数を、それぞれの景気の谷を100としてグラフ化したもの。
  3. 前回と今回のグラフ上の丸印は賞与月(6,7,12月)を示す。

担当:内国調査第一課  花田 普  直通03-3581-9516

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)