内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.186

今週の指標 No.186

目次   前へ 次へ 2000年9月4日

活発化するユーロ圏内貿易

<ポイント>

  1. EU15か国では99年初から輸出入が増加している。EU主要国の輸出入依存度をEU域内外別にみると、特にドイツやフランス等ユーロ圏主要国において、EU域内への依存度が高まっている。一方、現段階ではユーロ圏に参加していないイギリスでは、輸出入ともに域内依存度が低下していることがわかる。
  2. そこでドイツの輸出の伸びに対する輸出相手国別の寄与をみると、対ユーロ圏内輸出の寄与が増加していることがわかる。単一通貨ユーロの発足によりユーロ圏内においては貿易に伴う為替リスクが消滅したことから、ユーロ圏内での貿易が活発化しているとみられる。

図1 EU主要国の域内外別輸出依存度 図2 EU主要国の域内外別輸入依存度

図3 ドイツの輸出の伸びと輸出相手別寄与度

担当:海外調査課 松下 美帆  直通 03-3581-0056

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)