内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.180

今週の指標 No.180

目次   前へ 次へ 2000年8月21日

中小企業金融の動向

<ポイント>

  1. 中小企業から見た金融機関の貸出態度は、1997年末以降急激に厳しくなったが、99年に入ると改善の動きが見られるようになり、現在もゆるやかではあるが緩和しつつある(図1)。また、銀行の中小企業向け貸出に対する運営スタンスを見ると、半数以上の銀行が積極的な姿勢を示している(図2)。
  2. 一方で銀行は、中小企業を多く含むと考えられる格付の低い先を中心に、利鞘の設定については拡大を指向している(図3)。こうした背景には、信用格付けの実施状況(表1)にみられるように、リスクを定量的に把握して、そのリスクに見合ったリターンを求めようとする姿勢があると思われる。
図1 金融機関貸出態度D.I.の推移、図2 銀行の中小企業向けの貸出運営スタンス、図3 企業向け貸出の利鞘設定の変化、表1 日本の銀行における信用格付けの導入状況

(備考)

  1. 図2、3は、日本銀行「主要銀行貸出動向アンケート調査(2000/7月)」により作成。
  2. 図2は50行、図3は49行が対象。
  3. 図3の格付は、各行の内部格付に則している。
  4. 表1は、(財)金融情報システムセンター編「平成12年版金融情報システム白書」による。

担当:内国調査第一課 早川弘毅 直通03-3581-5854

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)