内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.179

今週の指標 No.179

目次   前へ 次へ 2000年8月14日

増加する建設業倒産

<ポイント>

  1. 倒産はそごうの影響もあり、負債金額の大幅な増加がみられる。件数もこのところ1,500件を超えるやや高い水準となっているが、中でも建設業倒産が占める割合は7月まで8ヶ月連続で30%を超え、6月は76年以降最高の35%に達した。
  2. こうした背景には、建設業のバランス・シート調整の遅れがあると思われる。一般に、全倒産の99%近くを資本金1億円以下のいわゆる中小企業が占めるが、中小・非製造業の売上高債務残高比率を見ると(図2)、建設業では足下でも依然債務比率は上昇している。また、その水準も過去最も高かったレベル近辺であり、バランス・シート調整の遅れが建設業の企業経営にとって負担となっていると思われる。

図1.業種別倒産件数の推移

図2.売上高債務残高比率(中小・非製造業)の推移、担当

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)