内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  経済財政政策  >  経済財政政策関係公表資料  >  今週の指標  >  今週の指標 No.153

今週の指標 No.153

目次   前へ 次へ 2000年5月29日

コンビニエンスストア業態の拡大

<ポイント>

  1. コンビニエンスストアについて、既存店ベースの売上高をみると、消費伸び悩みや店舗数の増加による競争の高まりなどを背景に99年秋頃から前年を下回る傾向がみられるようになり、2000年4月には前年同期比1.4%減となった(図1)。しかし、全店ベースではプラスの伸びを保っており、小売り業態の中でのシェアは年々拡大している(図2)。
  2. 従来の主力である食料品、日用品に加え、商品・サービスの多様化を図っていることも、消費者の支持を受けている一因と考えられる(図3)。

図1 コンビニエンスストア売上と消費支出(前年同期比)

図2 小売店中のコンビニの構成比図3 品目別販売額の推移

担当:内国調査第一課 平井 滋 直通 03-3581-9517

目次   前へ 次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)